がんペット検査でわかること 

ペット検査(PET)について、料金や保険適用、メリットやデメリットまた受けられる医療機関など。

PET

ペット検査のしくみ

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!


petペット(PET)検査は、ポジトロン(陽電子)を出す放射線同位
元素を結合させることにより目印をつけた糖を静脈から点滴す
ることで体内の隅々にまで行き渡らせ、どこから放射線が多く
発せられているか、つまりその糖が生理作用により体どの部分
に多く集まるかを調べ、画像診断することによって病変部の場
所を特定するものです。


《ポジトロンとは?》

ポジトロンは陽電子のことで、プラスの電荷を帯びています。

普通、電子はマイナスの電荷をもつので、ポジトロンは電子をは反対のものということになります。
プラスとマイナスの電荷は一定のエネルギーを持っており、それぞれが不安定な状態にあります。
反対の性質を持つ2つの電子はエネルギーを中和するために互いに引き合う力が働き、
すぐに結合しようとします。


この2つがくっついた瞬間、電子もポジトロンも消滅し余っていたエネルギーを放射して
安定した状態になりますが、その際に飛び出したエネルギーが放射線となり、
PET装置で検出されるのです。


《ペットへの応用》

一方、がん細胞は分裂が速く、多くのエネルギーを必要とするために正常な細胞と比べて
何倍も多くの糖(グルコース)を好む性質があります。
この、がん細胞が糖を取り込む性質と、ポジトロンの放射線を放出する性質を利用して
病変の画像診断に転用したのがペット検査(PET)です。



 




PET/CTとの違い



ペット(PET)検査と似ているものに、PET/CTがあります。
これは名前の通りペットとCTを合わせたもので、機械の形はよく似ていますが
PETとCTが同時に撮影することが出来るものです。


CT検査(コンピューター断層診断:Computer Tomotheraphy)


これはX線で体の全方向から断層撮影をすることにより内臓の形の異常を調べる、
形態的な画像診断です。
腫瘍などがあれば形の異常はわかりますが、その機能的な異常は判断は苦手です。

一方、ペットはこれとは異なり、糖を取り込む体の生理機能を利用した機能的診断です。
糖がたくさん集まっている場所(そこからどれくらいの量の放射線がでているか)は分かり
ますが、その形ははっきりとしません。

このように、異なったタイプの検査データを合せればそれぞれを単体で行うよりも、
より精密に状態が把握でき、正確な診断に役立てることができるというわけです。
またPET/CTはふたつの検査を同時に行えるので、時間の節約にもなります。


PET/CTの他に、がんの検査として有効なものに
X線診断、MRI検査、エコー、内視鏡検査、生化学検査があります。

その他の検査についてはこちら別記事としました。









 
スポンサーリンク


記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ