ren
がん診断に使われる検査には
ペットの他に次のようなものがあります。
各々の特徴をうまく利用したり組み合わせて、
より正確な診断をすることができます。




X線検査(レントゲン)

X線が体の組織によって通り抜けられる程度の差を利用して画像診断します。
現在でも胸部診断などによく使われており、マンモグラフィーは乳がんの
早期発見に大変役立っています。


MRI検査(核磁気共鳴画像診断:Magnetic Resonance Imaging)

強い磁場と電波により、体の共鳴作用を使って検査を行います。
体を動かすこと無く、様々な部分を色々な方向から撮影することが可能で、
これもまたがんの診断にとても役立つものです。
MRIはCTと異なり被曝の心配はありませんが、強力な磁気を使用するため、
ペースメーカーや体内に金属がある場合は検査が受けられないことがあります。


エコー(超音波検査:Ultrasonography)

弱い超音波を使い、体内の臓器から帰ってくる反射波を利用して画像診断します。
無害で痛みもなく簡単にできるので妊娠中の赤ちゃんの様子を見るのにも使われますが、
超音波が骨や空気をとおりぬけられないため脳や肺の検査には向いていません。


生化学検査

血液や尿、便に含まれる物質を検査して異常を発見します。
がんのみならず、ひろく生活習慣を確認するのにも用いられます。
癌の場合は、*腫瘍マーカー、内分泌検査、肝炎ウィルス検査などがあります


内視鏡検査

体の中に小型カメラつきの機器を入れて目視で検査を行います。
胃カメラ、大腸スコープ、膀胱鏡など検査部位によっていろいろな種類があります。

 

*腫瘍マーカーについてはこちらにも記事があります。